top > ランチ客が夜に来ないことへの対策
◎何でランチしか来ないの!?何で夜に来てくれないの??


これで悩んでるお店ってかなりあるよね。「なんで昼しか来てくれないん!?」ってイライラしてる店主は多い。ランチはサービス価格だから、それだけだとイイとこ取りされちゃってることになるんだよね。
店にとってランチの役割としては、利益よりも認知優先。つまり、ランチでお店を知ってもらって夜も来てもらいたい。そのためにサービス価格にしてるワケだ。それなのにお得ランチだけ食べて夜には来ない客が多いもんだから店主の笑顔も引きつる。普通の飲食店はランチ大盛況になったとしてもそれだけじゃ絶対に儲からない。利益が低いから。飲食店は夜来てもらってナンボだ。利益率が高い商売ができるのは夜なんだから。そっちに誘導することができなければ、薄利なランチはただただ体力を削られるだけ。餌だけジャンジャン取られて逃げられちゃってる。そりゃ焦るしイライラもするし血尿も出るし嫁も逃げるよ。
ただ、客にとってもランチはお得優先だ。毎日のことだからね。夜なら「楽しさ」とか「雰囲気」も要素になるが、ランチについてはお得最優先だ。イイとこ取りして何が悪い!

まあでも逆に言えば、アンタの店は夜来るには値しないって思われてるってことでもある。「夜に来ても得は無い」ってランチ客に思われてるんだよ。味も価格も楽しさも雰囲気もね。やっぱヘタクソやってるアンタが悪いってことだ笑

まあまず今回は、ランチ客が夜に来ないってところを解決していこう。


◎解決は簡単だ。



この解決策は超簡単だよ。それは、ランチ客は無視する。これに限る。
ランチ客は夜には来ないものと割り切る。夜の客がランチに来ることはあっても、ランチ客が夜に来ることはない。来ないものを無理やり引っ張ろうとすると、とんでもない労力がかかるからそれはやめる。
ランチと夜は別モノと捉えること。ランチはランチ、夜は夜。切り離して考えるんだ。だからランチ客は夜に来なくていいんだよ。夜のことなんてどうでもよくて、とにかくランチで大満足させてやるの。ランチ完結。んで、他の店には行けないくらい虜にしてやる。ランチタイムに猛ダッシュで店に飛び込んで来させるんだよ。店の入口にゴールテープ張って待ってるといい。

でもこれ、「潔くランチ客の夜誘導をキッパリ諦めて、本日も“ランチ大満足お客様は神様です運動”元気モリモリ営業中!作戦」と思ったのならそれは大きな間違いだ。これも実はゴリゴリキレッキレの戦略だ。こうした方が得だからやるんだよ。僕は儲からないことは一切やらない。一見遠回りに見えるがこれが、ランチ客が夜客にもなる近道なんだ。だからやる。以下で具体的に説明するよ。


◎ランチ客が夜にも来る流れ


まず、ランチ客は夜に、すぐには来ないがいずれ来る。どういうことか?流れとしてはこうだ。

“ランチはランチ、夜は夜戦略”を練ってそれぞれで仕掛ける。
→夜の仕掛けが昼に“漏れ出て”、それをランチ客も目にしたり感じたりする。
→そのうち、最初は夜に興味を示さなかったランチ客も夜が気になってくる。
→一度夜にも来てみようかな、と思うようになる。
→“何かのタイミング”で夜に来る。
→「あれ?夜もいいじゃん!」
→昼も夜も来るリピーターになる。

以上がランチ客が夜にも来る流れだ。

ポイントいくつかあるよ。まずは、夜は無視したランチ戦略ね。“ランチはランチ、夜は夜戦略”の部分。店としてはランチ客に対して、「夜は来なくて結構ですよ〜夜は夜のお客様がいるんで〜♪」というスタンス(口に出して言っちゃダメだぜ)。その余裕が逆に客の興味を引くことになる。
次に、夜の仕掛けが“漏れ出る”ってとこ。ここ難しいよ。これはランチ客に、「この店は夜には別の知らない世界があるんだな」と感じさせること。「このランチの延長線上に夜がある」と思われてるから「夜は得ナシ」と見切りをつけられてるんだ。だから夜は夜でランチとは違う世界があると感じさせること。例えば夜やってるイベントとか装飾とか。これを見えないように上手く見せろ。そうすると、最初は自分は関係ないって思っていてもジワジワ効いてくる。細かいことはまたどこかで書こう。
そして次に、“何かのタイミング”をこっちから提供してやる。ランチ客が夜が気になってきたとこで、夜に来るための背中一押し的なモノを提供するんだ。でも、夜しか使えないクーポンとかマジクソだから絶対NGだよ。今までの仕掛けが台無しになる。この辺も他で詳しく書いた方がいいな。
あとは一回夜に来てもらえればもうこっちのもの。戦略モリモリ顧客大満足WINWIN地獄(天国か)が待っている。


◎気長に一歩一歩攻めようぜ



補足説明をまた別でしないと実践しにくいかな。ちょっと今回だけで完結できなかったかも。それはスマン。
とにかくまずは、“ランチはランチ、夜は夜戦略”の一歩目として、ランチ大満足作戦から始めて欲しい。で、決して夜に勧誘しないこと。客は勧誘されても来ない。自発的に「行きたい」と思わなきゃ来ないんだ。ランチで大満足させて、そのうち夜が気になってくるって戦略だからそれを忘れるな。

ランチ客が夜に来るようになるには時間がかかる。だから焦らないこと。ランチに来ているその客を今夜も来店させようとするのは、コンビニ店員をデートに誘うくらい難しいぜ。

*追記
今回ので、他で詳しく書くって言ったとこをここに書くから。(まだ書いてないけど。2018.06.01現在)
>ランチ客が夜に来ないことへの対策の追記


>トップに戻る
Copyright (C) 2018 tokyo otonabukuro. All Rights Reserved.